スタンドアロンモードについて

SDカードに記録されたS98/MXDRV/PMD/FMP/SPC/WAV/VGMファイルをGIMIC単体で再生する動作モードです。
またTeraTermなどのターミナルエミュレーターを使うことでPCからスタンドアロンモードのGIMICを操作することができます。

なお2代目マザーボードのLite版(GMC-MB2LT)は本体に演奏を操作する為の専用ボタンが一切ありません。
Lite版でスタンドアロンモードを使う際はターミナルエミュレータ、または電源ボタン機能変更を使用して操作することになります。

スタンドアロンモードを公開するにあたり以下の方々のご協力・ご支援をいただきました。

  • 内蔵FMP/PMD音源ドライバ
    • FMP (C)Guu氏
    • PMD (C)KAJA氏
    • WinFMP/PMDWin (C)C60氏

スタンドアロンモードを使うには

GIMIC本体にSDカードを挿した状態で電源を入れて下さい。自動的にスタンドアロンモードへ移行します。

※初代マザーボード(GMC-MB1)をターミナルエミュレータから操作したい場合は右側のUSBポートにケーブルを接続して下さい。
 また左右2つのUSBポートに同時にケーブルを接続しないで下さい。本体が故障する恐れがあります。

MB1a.jpg

※2代目マザーボードLite版(GMC-MB2LT)の内蔵音源・増設モジュールは通常、自動的に適切な音源が選択されます(2014/05/16以降)
 内蔵音源だけを利用したい場合は電源オン時にSTATUSランプが点灯するまで電源ボタンを押し続けて下さい。
 電源ボタンを直ぐに離すと内蔵音源と増設モジュール、STATUSランプが点灯するまで長押しで内蔵音源のみが認識されます(デフォルト設定の場合)
 このモードの利点は増設モジュールへの電源供給をカットして消費電力を抑えることが可能です。

※2代目マザーボードPro/Std/Liteで電源ランプが2回点滅して起動しない場合はUSBからの給電能力が不足しています。USBの電源供給を見直して下さい。

曲データの用意

スタンドアロンモードはS98/MXDRV/PMD/FMP/SPC/WAVファイルに対応しています。事前にSDカードへ演奏したい曲データをコピーして下さい。
ファイラーの処理は重い為、SDカードは出来る限り高速な物をご利用下さい。
また以下の注意事項を守って貰えるようにお願いします。

  • フォルダの作成は4階層までに留めて下さい。
  • 異なる音源モジュールの曲データ(例えばFMP/PMDとMDX)が混在していても問題ありません。
    接続されているモジュールに対応しないデータを再生しようとすると演奏を停止します。
  • PCMデータはSDカードの直下に「PCMFILES」フォルダを作成し、その中に拡張子がPVI/PPC/PDXのファイルを入れて下さい。
    再生したい曲がどのADPCMデータを使っているか分からない場合はFMPMD2000のパラメータビュワー(PVI/PPCの場合)でご確認下さい。
    (2014/08/03のFWより、MXDRVのPDXを曲データと同一フォルダに置いても認識します)
  • PMDのPPZ8対応データ(.MZ)の再生には対応していません。
  • FMPのPPZ対応データ(.OZI)のADPCM部及びSSGPCM(PPZ)部の再生には対応していません。
    なおOZIデータではADPCMデータの転送が行われないため、前回ロードしたADPCM音が鳴ったりノイズが鳴る場合が有ります。
  • FMPデータでファイルサイズが55KBを超える物はGIMICのメモリに収まらない為、再生することはできません。
  • PMDデータでファイルサイズが52KBを超える物はGIMICのメモリに収まらない為、再生することはできません。
  • MDXデータでファイルサイズが59?KBを超える物はGIMICのメモリに収まらない為、再生することはできません。
  • MDXデータの一部には圧縮されている物、逆コンバート防止のトラップが施された物が含まれている為、GIMICでは正常に演奏できない場合があります。
    LZMXDRVで圧縮をかけたデータは同ツールとLZX.Xを使って解凍して下さい。
  • MDX用PCMデータ(PDX)は2代目マザーボードPro/Std版のみ利用可能です。1.9MB迄のロードに対応します。
  • WAVファイル再生は、PCM機能を搭載したMB2PRO/MB2STDのみ対応します。
  • WAVファイル再生時、SDカードはなるべく高速(最低でもClass4)で且つクラスタサイズ4KB程度でフォーマットを行って下さい。
    32KBなど大きなクラスタサイズの場合、高ビットレートのファイル再生に失敗します。
  • 圧縮VGM形式(*.VGZ)の直接演奏には対応しておりません。(事前に解凍が必要です。)
    ZIP圧縮の為、拡張子をZIPにリネーム後解凍、拡張子をVGMに変更すれば再生可能です。
  • 拡張子がVGMで有っても、圧縮VGM形式の場合が有ります。その際も同様に解凍を行って下さい。

対応状況

対応モジュールOPN3L,OPM,OPNA,OPL3,SPC
対応データS98,MXDRV(.MDX),PMD(M,M2),FMP(OPI,OVI,OZI),SPC,WAV,VGM
液晶ディスプレイ対応(MB1のみ)
対応WAVファイル8〜96kHz 8/16bit STEREO/MONO

GIMIC単体での使用方法

Lite版の場合、電源ボタンに代替機能を割り当てることにより、限定的ですが使用可能です。

  1. GIMICにUSBコネクタを接続します(Pro版の場合は外部電源接続のみでもOKです)
  2. GIMICの電源を投入します。
  3. 2代目マザーボードPro/Stdの場合は本体ジョグを押し込み、初代マザーボードは何れかのボタンを押します。
    (セットアップメニューにて電源スイッチ機能変更を行った場合、電源ボタンでもOKです。)

ボタン割り当ては下記本体ボタン割り当てをご確認下さい。
このモードでは再生が終了すると自動的に次の曲へ移動します。
この状態からでも下記ターミナルエミュレータ経由での接続が可能です。
接続後「F1」キーを押してModeを「Auto」から「Filer」に切り替えて下さい。

本体ボタン割り当て

操作初代マザーボード
GMC-MB1
2代目マザーボードPro/Std
GMC-MB2STD/PRO
2代目マザーボードLite
GMC-MB2LT
曲サーチキャンセルPボタン長押しジョグダイヤル長押し本体操作不可
ジョグダイヤル
機能切換
-ジョグダイヤルを押し込むと
ステータスランプが点灯・消灯します
前のフォルダへAボタンステータスランプが点灯している状態で
ジョグダイヤルを押し込んで左に回す
前の曲へBボタンステータスランプが点灯している状態で
ジョグダイヤルを右に回す
次のフォルダへDボタンステータスランプが点灯している状態で
ジョグダイヤルを押し込んで右に回す
電源ボタン機能変更にて対応
次の曲へCボタンステータスランプが点灯している状態で
ジョグダイヤルを左に回す
再生/停止Pボタンステータスランプが点灯していない状態で
ジョグダイヤルを押し込んで回す
(回す方向は左右どちらでも構いません)
音量調整ツマミを回すステータスランプが点灯していない状態で
ジョグダイヤルを左右に回す
本体ボリュームを操作

※NUCケースに組み込むとマザーボードの表裏が逆になりますので回転方向が逆になることに注意して下さい。
(セットアップメニューにて動作を反転させることが可能です)

初代マザーボードのボタンは以下の通りです。

MB1b.jpg

本体ボタン割り当て(拡張ユニット搭載時)

初代マザーボードの場合、液晶ユニット(GMC-LCD)装着時に単体でファイラー操作が可能となりました(2014/09/06以降)
以下のボタンレイアウトに自動的に切り替わります。

ボタン演奏タブファイラータブ1ファイラータブ2
Pボタンファイラータブ1に移動ファイラータブ2に移動演奏タブに移動
Aボタン前フォルダBackSpace再生・停止
Bボタン前曲カーソル上ループ回数変更
Cボタン次曲カーソル下再生速度変更
Dボタン次フォルダEnterプレイモード変更

液晶ユニットの表示テーマをセットアップメニューにて切り替えることが可能です。

ターミナルエミュレータ経由での使用方法

スタンドアロンモードのGIMICはPC側からはUSB-COMポートとして認識されています。
もしスタンドアロンドライバのGIMICをPCに接続した際にドライバを要求された場合はこちらの手順に従ってドライバをインストールして下さい。

このCOMポートを介してPCからターミナルエミュレータ(TeraTerm等)でGIMICを操作することができます。
GIMIC本体での操作と大きく違う所は、SDカードに記録された曲データをPCの画面で確認しながら再生できることです。

ターミナルエミュレータには様々な物がありますが、例としてTeraTermでの操作方法について記載します。
なおこちらのサイトにMacOSXでの制御方法について記載があります。

  1. TeraTermをダウンロードしてインストールしてください。
    インストールオプションは「コンパクトインストール」で問題ありません。
  2. デバイスマネージャーを開き「ポート(COMとLPT)」に「Silicon Labs CP210x USB to UART Bridge(COM?)」があることを確認し、
    COMポートの何番に割り当てられているか確認してください。
  3. デスクトップにTeraTermのショートカットが作成されていると思いますのでTeraTermGIMICにでもリネームして下さい。
    ショートカットを右クリックしてプロパティを開き、リンク先の欄の末尾に「 /C=3 /BAUD=230400 /KR=SJIS /KT=SJIS」を追加して下さい。
    「/C=3」の数字がCOMポートの番号になりますのでご自分の環境にあった数値を入力して下さい。
  4. GIMICにUSBコネクタを接続します。
  5. 作成したTeraTermGIMICのショートカットからTeraTermを起動します。
  6. GIMICの電源を投入します。
  7. イニシャル画面が表示されますので、何かキーボードのキー(Enter、カーソル等)を押してください。
    VT1.png
  8. SDカードに入っている曲データがTeraTermに表示されます。
    VT2.png
  9. 上記本体ボタン割り当て、または下記キーボードキー割り当てを参考に操作して下さい。
    VT3.png

ターミナルエミュレータでのキーボードキー割り当て

カーソルを上に(Autoモードの場合は前フォルダ)
カーソルを下に(Autoモードの場合は次フォルダ)
PageUpカーソルを1ページ下に
PageDownカーソルを1ページ上に
ENTERフォルダ選択/曲選択
BackSpace上位フォルダに戻る
前の曲へ
次の曲へ
Home次のフォルダへ
End前のフォルダへ
F1自動演奏モードの選択(Auto:演奏終了後に自動で次曲を開始します Filer:手動で曲を選択して演奏します)
F2曲の停止
F3曲のループ回数を+1(1〜5loop、永久loopを設定可能)
F4曲のループ回数を-1
F5テンポアップ
F6テンポダウン
F7演奏方法の選択(AllDir:通常演奏 Single:フォルダ内演奏 S+Shuf:フォルダ内+ランダム演奏)
F8セットアップメニューへ移動
0-9,A-Z該当ファイルにジャンプ

セットアップメニュー動作説明

スタンドアロンモードで起動し、ファイラー画面にてF8キーを押すと移動します。

※SDカードが無い場合、SDカードを抜いた状態でジョグを押し込みながら電源投入で強制的にスタンドアロンモードで起動します。
(初代、2代目マザーボードLite版は非対応)

VT4.png

↑↓キーで項目を移動、←→キーで値の選択、BackSpaceキーで保存せずにファイラーに戻る、F8キーで保存してファイラーに戻ります。

メニュー項目説明対応機種対応モジュール
Start Up When PoweredUSBケーブルを接続すると自動的に電源が入ります。
外部電源使用時は必ずACアダプタを先に接続して下さい。
※この設定をYesにすると電源スイッチで電源をオフにしても再び電源がオンになるので注意して下さい。
電源を切りたい時はUSBケーブルを抜いて下さい。
初代マザーボード以外-
Preferred Sound Source内蔵音源・増設モジュールの優先順位を決定します。
電源ボタンを長押しして起動した場合は優先順位が反転します。
2代目マザーボードLite版-
Reverse Jog Wheel Directionジョグ・ボリュームの回転方向を反転します。
アルミケースに組み込んだ場合に便利です。
初代マザーボード以外-
GMC-OPNA SSG VolumeSSG音量のデフォルト値を変更します。
PC-88 OPN,PC-88 OPNA,PC-98 OPN,PC-98OPNAの4種類から選択できます。
-OPNA
S/PDIF Output FrequencySPDIF出力オプションを装着している場合、
SPDIF出力周波数を変更します。
-OPN3L,SPC
Enable Parallel Outputブレイクアウト出力設定を変更します。
Noの場合、LineIN=無効 LineOUT=モジュール+PCM出力
Yesの場合、LineIN=モジュール出力 LineOUT=PCM出力
※ブレイクアウトケーブルを使っていない場合はNoを選択して下さい
2代目マザーボードPro版-
Auto Play When Powered起動後即座に再生を開始します。
Default Startup Modeの設定が同時に必要です。
全マザーボード-
Default Startup Mode起動直後の自動演奏モード(ファイラー画面のF1キーで変更できる内容)を設定します。
Filer、またはAutoに設定するとイニシャル画面をスキップします。
全マザーボード-
Default PlayBack Mode起動直後の演奏方法(ファイラー画面のF7キーで変更できる内容)を設定します。
(AllDir:通常演奏 Single:フォルダ内演奏 S+Shuf:フォルダ内+ランダム演奏)
全マザーボード-
PowerSW Alternate Function電源ボタンの機能割付を設定します。
この設定をYesにした際、電源を切りたい時は電源ボタン3秒長押しして下さい。
NextS:次曲 NexfF:次フォルダ Play/Stop:再生・停止
初代マザーボード以外-
Display Theme拡張ユニット(2代目)、液晶ユニット(初代)搭載時に液晶に表示される配色を設定します。全マザーボード-
Remember Last Song PlayedYesにすると電源切断時に設定が記憶され、次回電源投入時に続きから演奏を行うことが出来ます。初代マザーボード以外-

※未対応の機種・モジュールでは該当する機能の設定はグレーアウトになり、設定することは出来ません。

良く有る質問と回答

  • Teraterm接続を事前に行ったにも関わらず、電源ボタンを押すと接続が切断される。
    • 使用USBケーブルの品質・またはUSB給電能力に問題が有る可能性が有ります。
    • 直接またはバスパワーUSBハブを経由して接続を行って居た場合、セルフパワーUSBハブを経由して接続を行って下さい。
    • Pro版をお使いの場合、外部電源接続を行うことでも回避可能です。
  • 曲演奏終了時に自動で次曲・フォルダ移動を行いたい
    • Filerモードの場合、F1キーを押して、Autoモードに切り替えて下さい。
  • MDX再生時にPCM使用曲を再生すると全体の音量が下がる
    • FMとPCM音量を合わせる為に自動で音量が補正されます。
    • 急激に音量が上がるのを防ぐ為、一度下がるとPCM非使用曲を再生しても音量は上がりません。
      (再起動まで保持されます。)
  • SD直下のみにデータを置いて使用したい
    • Default PlayBack ModeをSingle、またはS+Shufでお使い下さい。
    • AllDirモードの場合、フォルダを使った運用が前提の為、曲選択が出来ない可能性が有ります。
  • 電源ONで即再生を行いたい
    • セットアップメニュー内にて、Auto Play When PoweredをYes Default Startup ModeをAutoに設定して下さい。
      必要に応じてDefault PlayBack Modeの設定も同時に行って下さい。
  • SDカードを挿入したまま、USBモードで起動したい。
    • ジョグホイールを押し込みながら電源投入で移行モードが反転します。
      SDカード挿入時はUSB制御モード、SDカード未挿入時はスタンドアロンモードで起動します。
      ジョグホイールを搭載していない初代、2代目マザーボードLite版は非対応です。
  • 1曲リピートを行いたい。
    • ファイラー上にてF3キーを押し、永久ループ(***)にして下さい。
  • フォルダ内リピートを行いたい。
    • ファイラー上にてF1キーを押しAutoモードへ、F7キーを押しSINGLEモードにして下さい。
  • カーソル操作が出来ない。
    • F1キーを押してAutoモードからFilerモードに切り替えて下さい。
  • 次(前)曲・フォルダ移動が長いのでキャンセルしたい。
    • 2代目マザーボードPro/Std版はジョグ押し込み、初代マザーボードはPキーを解除されるまで押して下さい。
  • フォルダ移動時に曲を自動再生開始したい。
    • F1キーを押してAutoモードに切り替えてからEndキー(または該当ハードキー)を押して下さい。
  • ファイラー利用時に曲(フォルダ)移動、曲停止中にも関わらずカーソル移動が重い。
    • 出来る限り高速なSDカードをご利用下さい(Sandisk Extreme Proにて動作確認を行っております)
      SDカードをクイックフォーマット後、再コピーでも効果が出る可能性が有ります。
  • ファイル名の並び替えは可能でしょうか?
    • ソート処理はCPUパワーを消費するので現在の所未実装です。
      現状はフォルダ内にコピーした順で認識されます。フォルダの中身を全て削除した後、再コピーを行って下さい。
  • フォルダ移動時の挙動を教えて下さい。
    • 下記番号順にてフォルダ移動が行われます(下画参照)
      空フォルダは自動スキップされます。
      曲移動時は、演奏可能ファイルが見つかった時点で探索を停止する為、親フォルダに演奏ファイルが存在すると異なる挙動になります。
      次へ移動の場合
      FolderMove_Next.png
      前へ移動の場合
      FolderMove_Prev.png

不具合情報

掲載日状況
2011/12/25再生しようとするFMPデータ(OVIファイル)に対応するPVIファイルがPCMFILESフォルダに存在しなかった場合にフリーズします。 ⇒2014/08/15修正完了
2014/05/15初代マザーボードでターミナルエミュレータから操作する場合、SSG音量の変更に対応しません ⇒2014/05/16修正完了
2013/08/15初代マザーボードでは問題ありませんが、2代目マザーボードではPVI/PPCファイルを演奏しようとしてフリーズします。 ⇒2014/05/15修正完了
2011/09/03フォルダ内に演奏可能な曲データが一曲も存在しない場合、このフォルダに切り替わった瞬間にフリーズします。 ⇒2014/05/15修正完了
2011/09/03空フォルダを作らないで下さい。このフォルダに切り替わった瞬間にフリーズします。 ⇒2014/05/15修正完了
2011/--/--S98データのタグはタイトルと作曲者など2項目までの記載にとどめて下さい。3項目以上記載されている場合、コンソール表示がおかしくなります。 ⇒2014/05/15修正完了

添付ファイル: fileVT4.png 957件 [詳細] fileVT2.png 1043件 [詳細] fileVT3.png 983件 [詳細] fileVT1.png 996件 [詳細] fileFolderMove_Next.png 1035件 [詳細] fileFolderMove_Prev.png 1057件 [詳細] fileMB1b.jpg 1023件 [詳細] fileMB1a.jpg 1060件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-07 (日) 10:14:12 (1193d)