専用アルミケース 組立マニュアル

この度はご購入頂きまして、誠にありがとうございます。
このページではケースへの組み付け方法を解説します。
作業前にマザーボードの組み立てを実施して下さい。

付属品の確認

箱を開封し、以下の付属品をご確認下さい。
man_01.jpg

①ケース本体
②皿ネジ予備
③なべネジ(予備含む)
④ゴム足
⑤Standard/Lite版用パネル
⑥DCジャック+コネクタ(ハウジング)
⑦特製ステッカー(初回版のみ)

下準備

ケース底面のネジ4箇所を外します。
LEDの配線が直角を向いていて干渉するため、内側に足を曲げて下さい。
man_02.jpg
I/OパネルはProfessional版用が予め装着されています。
Standard/Lite版をお使いの方は、事前に入れ替えを行って下さい。

DCジャック取り付け(Professional版のみ)

1.DCジャックに取り付けられているナットを外します。
man_03.jpg
2.パネルにDCジャックを通し、ナットを装着します。
man_04.jpg
3.以下の画像を参考に、ハウジング(白いコネクタ)にピンを挿入して下さい。
 ピンのツメが飛び出ている側を、溝が有る側(この画像では下側)に向けて下さい。
 赤色(+)が1番ピン(△マーク刻印有)、黒色(-)が2番ピン(真ん中)です。
 一度刺すと抜けなくなりますので、慎重に作業をお願いいたします。
 刺す場所を間違えたまま使用した場合、故障の原因となりますので十分にご注意下さい。
man_05.jpg

マザーボード取り付け

1.マザーボードとナベネジを4pcs用意します。
man_06.jpg
2.マザーボードを取り付けます。
 部品が密集して居るため、破損しない様、慎重に作業を行って下さい。
man_07.jpg
ジョグホイールとネジ穴までの距離が近いため、この箇所は特に注意して作業をお願いします。
man_08.jpg

LED表示用コネクタ取り付け

下記画像を参考に、コネクタを取り付けます。
「STATUS LED」はコネクタ上では「H.D.D LED」と印字されていますが仕様です。
man_09.jpg
マザーボード上で利用出来る信号は以下の画像を参考にして下さい。
(基板上の△マークが1番ピンを示します。)
FPHEADER.png

DCコネクタ取り付け(Professional版のみ)

裏パネルを閉める前に、DCコネクタの取り付けを行います。
コネクタ取り付け後、以下写真を確認し、配線の色が正しいか再度確認をお願いします。
man_10.jpg

動作確認

ネジを元通りに締めて固定し、ゴム足を貼り付け後動作確認を行います。
man_11.jpg

  • ON/OFFボタンが押せない場合
    マザーボードを止めているネジ("FRTPNL HEADER"と書かれた付近)を少し緩めて下さい。
  • I/Oパネルがスイッチ・SDカード等と干渉する場合
    ケース内部のナベネジを全て緩めて基板を移動後、再度締め直して下さい。
    または、以下画像を参考に、I/Oパネルが取り付けられている皿ネジをナベネジに交換し、調整を行って下さい。
    man_12.jpg
    man_13.jpg

添付ファイル: fileman_13.jpg 433件 [詳細] fileman_12.jpg 438件 [詳細] fileman_11.jpg 427件 [詳細] fileman_10.jpg 417件 [詳細] fileman_09.jpg 435件 [詳細] fileman_08.jpg 442件 [詳細] fileman_07.jpg 444件 [詳細] fileman_06.jpg 435件 [詳細] fileman_05.jpg 428件 [詳細] fileman_04.jpg 433件 [詳細] fileman_03.jpg 459件 [詳細] fileman_02.jpg 454件 [詳細] fileman_01.jpg 420件 [詳細] fileFPHEADER.png 484件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-02 (日) 20:50:47 (1056d)