2代目マザーボード

G.I.M.I.Cの核となる1モジュールが搭載可能なマザーボードです。

Professional版Lite版
GMC-MB2_PCB.jpgGMC-MB2LT_PCB.jpg

はじめに

2010年に登場した初代マザーボードの後継品として、納得出来る設計に仕上がりました。
皆様のより快適なリスニング・音楽制作にお役立て頂けることを祈っております。

ラインナップ

用途に応じて3バージョンを選択することが出来ます。

  • Lite : よりお求めやすい価格で
  • Standard : 基本機能のみ必要な方に
  • Professional : より高音質・多機能を求める方に

特徴

  • プリアンプを搭載
    モジュールによって音量差が出ていた問題を解決しました。
    ローノイズアンプを採用することにより、音質劣化を出来る限り抑えています。
  • 機能互換
    初代マザーボード用のモジュール・オプション・一部のアクセサリがそのまま利用可能です。
  • 小型軽量
    部品・構成を見直し、初代マザーボードより小型軽量化しています。
    オプションにて専用ケースも利用可能です。
  • こだわりの部品
    初代マザーボード同様、厳選した部材を惜しみなく使用しています。
    アナログ回路部は試作と試聴を繰り返し、音源の能力を引き出す様チューニングを施して有ります。
  • NUC規格ケースが利用可能
    Intel Next Unit of Computing (NUC規格)互換サイズで設計を行っており、市販ケースをそのまま利用可能です。
    (Abee社製 acubic NE01/02/03(NE04は非対応) にて確認を行っております。他のケースを利用の際は
    リアパネル着脱可否・フロントUSBコネクタ位置・干渉が無いか等十分に検証を行って下さい。)
  • マザーボード上にFM音源チップを搭載(Lite版のみ)
    マザーボード単体でもお使い頂ける様、FM音源チップをマザーボード上に搭載しています。(YMF288 OPNA互換)
    更に、既存モジュールも増設可能です。
  • PCM再生をサポート(Std,Pro版のみ)
    ご要望の多かった、GIMIC単体でのPCM再生が可能になりました。
    Codecはオーディオ機器に搭載されているクラスを採用し現代の音楽環境にもマッチする切れの良いサウンドを実現しました。
  • ポップノイズをさらに抑制(Std,Pro版のみ)
    初代マザーボードでも抑制機能は搭載されていましたが、さらに快適なリスニングのため、専用の追加回路を搭載しています。
    (Pro版の場合、ブレイクアウト端子側でも動作します。)
  • よりパワフル・高音質に(Std,Pro版のみ)
    アナログ部は、Codecとは別にヘッドホン専用のドライバーアンプを搭載しています。
    Sennheiser HD800の様な高インピーダンス系のヘッドホンで発生していた音量不足を改善しました。
    S/N比も向上しており、さらにクリアな音質となりました。
  • 4層基板を採用(Std,Pro版のみ)
    最大限の性能を引き出すため、同人ハードでは高価な為採用例が少ない4層基板を使用しています。
  • 外部電源動作に対応(Pro版のみ)
    初代マザーボードと同様のUSBバスパワー動作に加え、ACアダプタを使って外部電源でも駆動が可能です。
    外部電源動作時には、クリーン電源機能が有効になり、S/N比が大幅に向上します。
  • ブレイクアウト端子(Pro版のみ)
    市販のブレイクアウトケーブルをご購入頂くことにより
    ライン入出力(アンバランス)・MIDI入出力・ヘッドホン出力を利用することが可能です
  • USBホスト端子(Pro版のみ)
    マザーボード上にUSB-Aコネクタを搭載しています。
    外部USB機器(テンキー等)を接続することが可能です。

機能比較表

Professional版はStandard版と比べて主に、ローノイズ、高音質化を追求したモデルとなります。
Standard版に比べて約2倍の部品数、部品も更にハイグレード化されております。
Lite版はStandard版と比べてPCM機能が省略されておりますが、
価格を抑えマザーボード単体で使用可能です(マザーボード上にFM音源を搭載しております。)

機能旧版Lite版Std版Pro版
PCM対応×
プリアンプ×
音質
MIDI△(INのみ)××
パラアウト○(1系統)××◎(2系統)
外部電源動作×××
USBホスト機能××
ビルトインFM音源×××

技術仕様(Professional版)

※仕様は予告無く変更される場合が有ります。

  • 外形寸法
    • 102X102X35mm(モジュール厚みを含む)
  • 重量
    • 約65g 取り付けねじ・ハーネス等は除く
  • 電源
    • USBバスパワー,または5V/1A以上電流が出力可能なACアダプタ
      電圧が5.2Vを超えるACアダプタの接続は故障の原因となります。ご注意下さい。
      (オーディオ製品に添付されているACアダプタ等を推奨 例:AC-E5212 , PSP-100)
  • 消費電力
    • 約2.5W(使用モジュールにより変動)
  • コネクタ
    • 外部電源入力
      EIAJ #2 DCジャック(センタープラス)
  • USB
    USB機器接続用:USB(A)X1
    PC接続用:microUSB(B)x1
  • オーディオ出力
    3.5mm ステレオミニジャック
  • ブレイクアウト
    D-SUB15P(HD)x1
    ALVA製 BF-BOCMKHを接続により、以下の端子が利用可能
    • ラインアウトx4(ステレオ2系統 パラアウト、またはプリアンプ経由出力)
      RCAジャック、アンバランス
  • MIDI INx1 OUTx1(各1系統)
    5ピンDINジャック
  • ヘッドホンアウト出力(マザーボード出力端子と排他使用)
    6.3mm TRSジャック、アンバランス(ステレオ)
  • PCM部仕様
    • 波形メモリ容量:2MB
    • 対応形式:PCM,ADPCM(ステレオ・モノラル)
    • 対応サンプリングレート:5-192kHz
    • 対応量子化ビット数:4-24bit
  • 付属品
    • マザーボード本体
    • モジュール接続用ケーブル(HOSTI/F,ANALOG)
    • 外部電源用中継ケーブル(Pro版のみ付属)
    • 取り付けネジ
  • 電気的特性
  • DAC
    • 解像度:16,24bit
    • サンプリングレート:32-192kHz
    • ダイナミックレンジ:108dBA(@48kHz)
  • プリ/ヘッドホンアンプ(16Ω負荷にて測定)
    • 周波数特性:20Hz~50kHz(+0,-0.5dB)
    • 最大出力:130mW+130mW(THD+N=1%時)
    • THD+N:0.009%以下(@1kHz)
    • S/N:94dB(JIS-A)

添付ファイル: fileGMC-MB2LT_PCB.jpg 1531件 [詳細] fileGMC-MB2_PCB.jpg 1458件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-29 (火) 01:33:06 (1179d)