Mデータの作成方法

ここではMデータの作成方法について触れています。なお、制作環境はWin機(XP 32bit)を想定しています。

Mとは

MはKajapon氏の製作したPC-98用のサウンドドライバ「PMD」で作ることの出来るデータフォーマットです

コンパイラ

現在はVecterにPMDが公開されていますので(P.M.D.)その中のコンパイラであるMC.EXEを使わせて貰いましょう。

MC.EXEの存在するディレクトリでコマンドプロンプトに

mc.exe /V xxxx.mml

このように書けばコンパイルできます。オプションの/Vについてですが、これはMML中の音色定義を有効にするかどうかのオプションですので
FM音色ファイルを読み込まないのであれば付けておいて下さい。
オプションに関しては同梱してあるMC.DOCに詳しく書いてあるのでそちらも参考にして下さい。

プレイヤ

現状、PC側からGIMICへMデータを直に転送して再生することができないので制作中の曲データの再生に使うことになります。
設定は初期状態で問題ありません。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-12-01 (木) 20:50:34 (1939d)