技術資料

ブレイクアウトケーブル

2代目マザーボード用のブレイクアウトケーブルを自作する際の資料を用意しました。
MB2_BreakoutCable.jpg

fileMB2_BreakoutCable.pdf (上記画像のPDF版です)

SPCモジュール

SPCモジュールはOPN3Lモジュールを利用することで作成可能です。
またGMC-OPT02を利用することで光出力も可能になります(OPT01は使用できません)

ただし光出力は消費電力が大きい為、液晶ユニットは取り付けないでください。
(もしくはiPad用の500mAh以上を供給可能なUSB-ACアダプタを使って電源供給を行って下さい)

モジュール作成方法

OPN3Lモジュールに載っているYMF288とEXO3を取り外し、以下の通りSPCの基板と接続して下さい。
OPN3Lモジュールのソケットに直接配線するのではなく、28ピンのICソケットを用意してアダプタ方式にするのが良いでしょう。

GMC-SPC_make.jpg

fileSPC-OPN3L_Adaptor.pdf (上記画像のPDF版です)

EEPROMの書き換え

改造したOPN3LモジュールをそのままGIMICに搭載してもOPN3Lモジュールとして認識されてしまうので正常に動作しません。
以下のファームウェアを適用し、モジュール上のEEPROMを書き換えて下さい(GMC-OPN3LからGMC-SPCに書き換えます)

fileUPDATE_SPC.zip

ファームウェアの更新

お試しファーム 2012/04/30版?よりSPCファイルの再生に対応しています。

制作記事

作成方法の参考として、keigo様作成の制作記事をご紹介します。
SPCモジュールの製作


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS