GIMIC USB制御デモ

GIMICのUSB制御デモを公開します。以下の手順に従ってGIMICのファームウェア更新、ソフトウェアの用意を行って下さい。

ファームウェア更新

GIMICにOPN3-Lモジュールを接続してUSB制御デモ専用ファームウェアに更新して下さい。 (OPMモジュール、OPNAモジュールには現状対応していませんのでご注意下さい)
ファームを更新したらスイッチを戻して中央にあるUSBコネクタにつなぎ替えて下さい。GIMICがUSBオーディオデバイスとして認識されます。

&ref(): File not found: "usb1.jpg" at page "USB制御モード";
&ref(): File not found: "usb2.jpg" at page "USB制御モード";

OSがWindowsXPの場合はサウンドとオーディオ デバイスのプロパティを開き、MIDI音楽の再生USBオーディオデバイスを選択してください。

&ref(): File not found: "usb3.jpg" at page "USB制御モード";

OSがWindowsVista/7の場合は……作りかけ

ソフトウェアの用意

PCからのGIMIC制御にはhootを使います。hootのサイトから2011/05/15版(もしくはそれ以降)をダウンロードし、hootのフォルダにc86ctl.dllをコピーして下さい。

&ref(): File not found: "hoot1.jpg" at page "USB制御モード";

hoot.iniをメモ帳などで開き、先頭の方にあるbufferの値を8に変更し、time_slice=16c86ctl_enable=1を追加します。
また、出力MIDIデバイス選択がMicrosoft GS Wavetable Synthになるようにoutput_midi_deviceの値を変更してください。

buffer=8
time_slice=16
c86ctl_enable=1
output_midi_device=1

hootを起動すると通常のhootのウインドウに加え、C86Winという小ウインドウも表示されます(他にも8つ表示されます)
GIMICの制御はこのC86Winが担当します。

&ref(): File not found: "hoot2.jpg" at page "USB制御モード"; &ref(): File not found: "hoot3.jpg" at page "USB制御モード";


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS