MIDI機能

GIMICをMIDI機器として利用出来る機能です。
MIDI機能は、USBモードの様に別途切り替える必要は有りません。
スタンドアロンモード時には常にMIDI機器として利用可能です。
音色編集等を行えるエディタ画面も用意されています。

詳細については、マニュアルをご参照下さい。
2020/01/13更新 filegimic_midi_manual.pdf

特徴

MIDI機能は以下のような特徴があります。

  • 専用液晶ユニットあるいはgimicDisp ソフトウェアに対応
  • MIDI-IN/OUT コネクタを持ったMIDI 機器、およびUSB-B コネクタを持った キーボード等が利用可能(MB2 Professional、MB1 のみ)
  • PC 環境を選ばないスタンドアロン動作で音色の作成、編集が可能
  • ピッチベンド、ボリューム、エクスプレッションなどの標準的なMIDI メッセージ に対応
  • ハードウェア音源ならではの低レイテンシー発音
  • 16 のMIDIch 毎に別々の音色の割り当てが可能
  • モノモードとポリフォニック音色の同時利用が可能
  • モノモードでは物理発音ch を指定した発音も可能
  • OPL3 の2op、4op、リズム音色の発音数を発音状況に応じて自動的に変更可能
  • LFO × 2、EG × 2、キースケールレベルは全ての音色タイプで使える共通仕様
  • FM 音色ではオペレーター毎に128 段階のベロシティ感度を設定可能
  • 最大8 レイヤー/スプリット可能な複合音色を作成可能
  • カスタマイズ可能なOPL3 リズム音色
  • 全ノートナンバー個別に設定可能なマイクロチューニング機能
  • ランダム音色生成機能

対応USB機器

USBMIDI動作確認済み機種一覧(2020/01/13現在)
使用不可だった機器も記載しています

MIDI I/F

  • YAMAHA UX256 : OK
  • YAMAHA UX16 : OK
  • YAMAHA UX96 : OK
  • Roland UM-1 : OK
  • Roland UM-ONE mk2 : OK
  • MOTU micro lite : NG
  • MOTU micro express : NG

MIDIコントローラ

  • Roland PC-300 : OK
  • KORG microKEY Air : OK
  • KORG nanoKEY Studio : OK(ただし接続時にリセットが掛かる場合あり)
  • KORG SQ-1 : OK
  • KORG microKEY(初代) : NG(ハブ未対応のため使用不可)
  • M-AUDIO KEYSTATION49 : OK

音源モジュール

  • Roland SC-8850 : OK
  • Roland SC-8820 : OK
  • Roland SD-90 : OK
  • Roland SD-80 : OK
  • Roland SD-20 : OK
  • YAMAHA MOTIF-RACK XS : OK
  • YAMAHA MU2000 : OK
  • YAMAHA MU500 : OK

添付ファイル: filegimic_midi_manual.pdf 503件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-13 (月) 17:58:38 (255d)