GIMIC組立マニュアル

この度はGIMICをご購入頂き誠にありがとうございます。
GIMICは初版(C79頒布時)を除き、マザーボードとモジュールは別売りとなっておりご自分で組み立てて頂く必要があります。
このページではGIMICの組み立て方を解説していきたいと思います。

マザーボードとモジュールの接続

OPN3LモジュールとDAC基板をご購入頂いた方はこちらを参照して事前にモジュールへDAC基板を取り付けて下さい。

まずはマザーボードの入った箱を開封して中身を取り出して下さい。
マザーボードの同梱品はネジ×2、六角スペーサー×1、手回しネジ×1、プラスチックワッシャー×2、フラットケーブル、4ピンケーブルになります。
また、GIMIC本体のSDカードリーダー部に8MBのSDカードが搭載されています(サンプル曲などが収録されています)

mb001.jpg
①赤矢印の位置にある手回しネジ3つを取り外して下さい。天板の保護の為、透明なプラスチックワッシャーが取り付けてあるので落とさないように注意して下さい。

mb002.jpg
②天板を取り外したら今度はモジュールを取り付けます。ここでは例としてOPMモジュールを撮影しましたがOPN3L/OPNAモジュールでも同様の取り付け方をします。

mb003.jpg
③モジュールとマザーボードの添付品(画像参照)を用意します。

mb004.jpg
④モジュールにフラットケーブルを接続します。赤矢印の位置にあるコネクタの△とフラットケーブルの水色の線を合わせ、ケーブルがモジュールの下に流れるように接続して下さい。

mb005.jpg
⑤マザーボードに4ピンケーブルを接続します。このケーブルは両端どちらのコネクタをマザーに接続しても構いません。

mb006.jpg
⑥マザーボードにモジュールを乗せ、フラットケーブルをマザーボードに接続します。

mb008.jpgmb007d.jpg
⑦赤矢印の位置を付属のネジ2個で固定します。

mb007a.jpg
⑧付属の六角スペーサーから手回しネジを外します(間にプラスチックワッシャーが2個挟んであるので注意して下さい)

mb009.jpgmb007b.jpg
⑨六角スペーサーとプラスチックワッシャー1枚を使ってモジュールの左上を固定します(モジュールの右上は固定しません)

mb010.jpg
⑩4ピンケーブルをモジュールに接続します。もしGIMIC本体のスイッチを押すときに邪魔だと感じるようであればモジュールの下を通さずに横から通しても構いません。
OPN3LのDAC基板を増設している場合は4ピンケーブルをDAC基板のコネクタに接続して下さい。

mb011.jpgmb007c.jpg
⑪天板を手回しネジ4つで固定します。きつく締めすぎると天板が割れる可能性があるので注意して下さい。

以上でGIMICの組み立ては完了です。 オプションパーツを購入された方は引き続き以下をご覧下さい。

バックパネルの装着方法

バックパネルをご購入頂いた方は以下の手順で取り付けを行ってください。

bp001.jpg
バックパネルの同梱品はネジ×4、六角スペーサー×4、プラスチックワッシャー×4、ゴムスペーサー×4になります。
写真ではゴムスペーサーを貼り付け済みですが、バックパネルをGIMIC本体に取り付けた後に貼ってください(ネジ穴を塞いだりネジ自体に干渉する可能性がある為)

bp002.jpg
①GIMICを裏返して四隅についている金色の手回しネジを外します。これはもう使いませんのでどこかに保管しておくなりPCパーツとして転用するなりご自由にお使い下さい。

bp003.jpg
②手回しネジにもプラスチックワッシャーがついていると思いますが、これはこのまま残して下さい。

bp004.jpgbp007a.jpg
③付属の六角スペーサーで四隅を固定して下さい。

bp005.jpgbp007b.jpg
④バックパネルを六角スペーサーの上に載せて残りのプラスチックワッシャーとネジ4つで固定します。きつく締めすぎるとバックパネルが割れる可能性があるので注意して下さい。

bp006.jpg
⑤バックパネルの取り付けが完了しました。

OPN3LモジュールのDAC基板の取り付け方

OPN3LモジュールのDAC基板をご購入頂いた方は以下の手順でモジュールにDAC基板を取り付けて下さい。

dac001.jpg
①DAC基板の同梱品はDAC基板本体、ネジ×1、六角スペーサー×1、プラスチックワッシャー×1、金属ワッシャー×1、手回しナットです。
※ただしC80、オリゲーフェスタでの頒布分は金属ワッシャーの代わりにプラスチックワッシャーが入っています。

dac002.jpg
②OPN3Lモジュールを取り出し、赤矢印の位置にあるEXO3(基板左上にある8本足のIC)を外します。
※ICの足は非常に曲がりやすいので慎重に引き抜いて下さい。

dac003.jpg
③ICを取り外した状態です。

dac004.jpg
④DAC基板のソケットへ取り外したICをそっと載せます。ICの白い帯が基板の外側に来るようにセットして下さい。
逆に挿して電源を入れるとICが確実に故障しますので注意して下さい。

dac005.jpg
⑤ICの向きを確認したらICを押してソケットにはめ込んで下さい。

dac006.jpg
⑥再びOPN3Lモジュールを用意します。

dac007.jpg
⑦モジュールの右上に同梱の六角スペーサーをセットします。

dac008.jpg
⑧六角スペーサーを固定しないままモジュールを裏返し、同梱のプラスチックワッシャーをセットします。

dac009.jpg
⑨同梱の手回しナットで六角スペーサーを固定します。

dac010.jpg
⑩OPN3Lモジュールを表返し、六角スペーサーの上に金属ワッシャー(もしくはプラワッシャー)を載せます。

dac011.jpg
⑪先ほどセットしたワッシャーを落とさないようにDAC基板をモジュールにそっと載せます。
※この時点でDAC基板を押し込むとワッシャーがズレる可能性があるのでそっと載せる程度で構いません。

dac012.jpg
⑫赤矢印の位置に同梱のネジをセットします。DAC基板が浮いた状態なのでネジを締めることはできませんが、
 これは間に挟まっているワッシャーを落とさないようにしているだけなのでこの時点でネジを締める必要はありません。

dac013.jpg
⑬先ほどセットしたネジを左手で押さえつつ、DAC基板とモジュールの接続部を押して固定します。

dac014.jpg
⑭コネクタを最後まで押し込んだら先ほどのネジをドライバで固定して下さい。

dac015.jpg
⑮DAC基板の取り付けが完了しました。
※なお、DAC基板を取り付けた場合は赤矢印の位置のコネクタに4ピンケーブルを接続して下さい。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS