OPMモジュールの概要と、Gimicマザーボードへの接続手順を説明します。~

#contents

* パーツの説明 [#xeb81702]
#ref(OPM-Module.JPG)
+OPM(YM2151)~
OPM実物です。音源スペックはFM8chです。~
OPN系と異なるのはハードウェアLFOが実装されている点と~
音色パラメータに「DT2」が存在します。これにより、~
OPN系よりも音色表現幅が広くなっています。
+Option I/F~
オプションを実装するためのコネクタです。~
+音源モジュールコネクタ~
Gimicマザーボードと接続するコネクタです。マザーボード上の⑤番と接続します。
+アナログ出力コネクタ~
Gimicマザーボードへアナログ音声信号を送信するコネクタです。~
マザーボード上の⑧番と接続します。
* マザーボードへの接続 [#ie39f1c1]
#ref(MOTHERBOARD.png)
+マザーボード側準備~
最初に、マザーボードの⑧へ、アナログ音声をモジュールから~
伝送する為のケーブルを接続します。この段階ではまだ~
モジュールへは接続しません。~
#ref(MBandCPU-Cable.JPG)
+ モジュール側の準備~
次に、モジュール側にマザーボードと接続を行うケーブルを~
接続します。モジュールの一番大きいコネクタへ付属の~
フラットケーブルを以下のように接続します。~
#ref(OPM-Module_Cable.JPG)
※重要※フラットケーブルを接続する際は、&color(red){モジュールの下にケーブルが流れるように接続};してください。~
モジュールの上にケーブルが来るように接続すると長さが足りずマザーボードまでケーブルが届きません。~
+ マザーボードと接続~
あとは、モジュールをマザーボードの上に載せる際に~
マザーボード側とモジュール側に準備したケーブルを~
それぞれ接続し、固定すれば完了です。~
組み上げる際に、左上の六角柱も忘れずに取り付けます。~
最後にアクリル天板をここに載せる為、必要になります。~
以下の順番で取り付けると作業がしやすくなります。
++ フラットケーブルをマザーボードへ接続する
++ ネジを下2箇所に止める
++ 左上に六角柱を取り付ける
++ マザーボードからモジュールへ音声ケーブルを接続する
++ アクリルの天板を取り付ける
#ref(OPM-Module_Build.JPG)

[[こちらに移動しました。>GMC-OPM説明]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS